Wednesday, 5 June 2019

Augmented Reality

Augmented Reality

日本訳は「拡張現実」

へ?拡張現実ってなに?

限りなく役に立たない日本語訳ですね。

これは、例えばスマホのカメラを通して特定の「何か」をみると、
その画像に映っている「何か」が動き出したり、
たとえばその「何か」が、外国語の一文だとしたら、
画像にはその文の日本語訳が映し出されたり、そんな感じの技術です。

グーグル・トランスレートのアプリで、
スマホを外国語の文章に向けると、
画面上では翻訳された文章が見える機能がありますよね。

あんな感じです。

人が知覚する現実環境を、コンピュータによって「拡張」するから、
「拡張現実」と呼ばれるらしいですね。

ちなみにこの訳語は、思いっきりちょくやく葉は、英語 Augmented Reality の直訳です。

Augmented =拡張された 

Reality=現実

この二つを足して

Augmented Reality =拡張現実

でも、英語の Augmented Reality の頭文字をとって、
ARという略語が使われていることもあるようですね。

この単語に限っては、その方が良いような気がする。

下手に「拡張現実」なんて言われると、
分かったような気がしてしまうので性質がわるい。

実際は何にも分かってないのに、分かったような気がして
そのままウヤムヤにしてしまう危険性大。

もし、ARとか言われたら、「何それ何それ?」ってなって、
人に聞くなり、調べるなりして、どんなものかを確認するでしょう?

そんで、グーグル・トランスレートのアプリの、
あの、画面に翻訳文が出てくる機能みたいなのが、
ARっていうのかあ。って、なんとなく、感覚的に理解できる。

百聞は一見にしかず。

だと思うのですよね。

なので、Augmented Reality の日本語訳は、AR (内容は自分で調べろ)
というのが、ベストだと思います。







Sunday, 10 March 2019

山田太郎 / 山田花子

今日、刑事コロンボがテレビでやっていたので、
それも、2作品、連続放送していたので、
思わずダブルコロンボしてしまいました。

刑事コロンボ、日本でも土曜日の午後にテレビ放送されているようですね。

英国でも、刑事コロンボは、週末の午後のお楽しみとなっています。

今日見た2作品は、

Murder, Smoke and Shadows
Columbo Cries Wolf 

ついつい、土曜日の午後すべてを刑事コロンボに費やしてしまいました。

コロンボさんは、面白いなあ。

さて、今日は、Murder, Smoke and Shadows で出てきた表現。

ある日、身元不明の死体が発見され、刑事コロンボは、
死体の近くに落ちていた本を頼りに、ある映画監督を訪れます。

その本は、被害者の持ち物かもしれないし、犯人が落としたのかもしれないし、
事件とは全然関係ないかもしれない。

でも、少しでも手がかりのようなものがあれば、
それを手繰るのが刑事の仕事なので、一応聞き込みに来ました。

というスタンスです。

そこで出てくる表現。

被害者は、John Doe だ。

つまりこれ、被害者は身元不明だってことなんですね。

文脈で分かりましたが、知らなかった表現なので、調べてみました。

John Doe
1. A fictitious name used to identify an unknown man or body. Also referred to as 'Jane Doe'. 
2. An unidentified man. 
3. An alias used in legal proceedings to identify an unknown male.

The police were unable to identify the victim, so they simply referred to him as 'John Doe'.

つまり、John Doe/Jane Doe というのは、
山田太郎 / 山田花子という感じなのかなあ?


そういえば、昔はまっていた、Southparkというアニメで、
かの有名な、サイエントロジーをおちょくったエピソードがあったのですが、
そのエピソードのエンドクレジットの名前が、
全員、John Smith か Jane Smith ばかりだったのです。

(こんな感じ。)

John Smith
John Smith
John Smith
Jane Smith
John Smith
Jane Smith
Jane Smith
John Smith
John Smith
John Smith

これには、笑ってしまいました。
そのエピソード自体も面白かったけど、最後のパンチが効いてました。

サイエントロジーはおちょくりたいけど、
やっぱり、訴えられるのは怖かったんだろうなあ。


Tuesday, 5 February 2019

サラバ!

「通天閣」を読んで、彼女に興味を持ったワタシ。

もっと彼女の作品を読みたいと、先日の一時帰国で
彼女の作品を数冊入手してきました。

とは言っても、彼女もすでにけっこうな数の著作があるので、
一度に全部入手するわけには行きません。

いくら大人買いするといっても、他の作者の本も欲しいですし、
スーツケースのスペースには限りがあります。

一時帰国の際には、某ア○ゾンで前もって本を物色、
ポチっと購入して実家に送っておきます。

一時帰国中は何かと忙しくて、
本屋さんでゆっくり買い物する時間がないのです。

もちろん、本屋さんに立ち寄る機会があれば、
その場で気になる本を数冊購入するのですが。

そしてどんどん、持って帰る本が増えていくのです。

さて、これは前もって某ア○ゾンでポチっと購入した本です。


数ある西加奈子の著作の中から本作を選んだのは、
レビューの星が多かったこともありますが、あらすじを読んで、
これはもしかして、彼女自身の自伝的な物語なのかな、と思ったから。

ワタシが彼女に興味を持ったのは、
そもそも最初に読んだ「通天閣」を読もうと思ったのは、
彼女のプロフィールに拠るところが大きいのです。

イランのテヘランで生まれ、大阪で育ったという。

イランのテヘラン!

イラン!

憧れのイラン!

そう。実はイランは、ワタシの憧れの国なのです。

昔々、ワタシの祖父が、駐在員としてイランに赴任していたらしいのです。

ワタシが生まれる前になくなったので、写真の中の祖父しか知りません。

砂漠の中で、顔の濃いイラン人たちと並んで彼の写真を見て育ったワタシは、
漠然と、イランという国に憧れてきたのです。

そして、この本!



この本は、主人公(男性)が、左足から生まれる場面から始まります。

逆子ですな。

お産、大変やったろう。それもイランやし。

彼の誕生後まもなく、折りしもイラン革命が勃発し、
主人公一家は大阪に帰国します。

そして、小学校に上るまでの期間を大阪で過ごしたあと、
今度は父親の新たな赴任先が、エジプト、カイロに決まります。

この小説は、(上)(中)(下)の3巻から成るのですが、
上巻では、今のように、海外旅行が身近になる前の時代の、
海外、それも中東での駐在生活の描写がふんだんに見られます。

ワタシはそれを、祖父のイラン生活と重ね合わせて読みました。

他の読者の皆さんの中には、この部分を退屈だと感じられ人もいたようですが、
ワタシとしては、個人的な事情により、上巻が一番おもしろかったです。

上巻で描写されるイラン、そしてカイロでの idyllic な生活は、
その後はじまる主人公の(精神的)苦難に満ちた人生の序章であり、
思春期、そして青年になった彼の精神的 odyssey へと続くのです。

3巻もありますが、読みやすい本なので、すらすら読めます。

普段あまり本を読まないという方にも、お勧めできる本だと思います。

直木賞もとったしね!

Tuesday, 29 January 2019

Pride and Prejudice

Pride and Prejudice 

かの有名な、ジェーン・オースティンの長編小説です。

英国の新しい10ポンド紙幣(というかプラスチック幣)の顔となっている、
あの、ジェーン・オースティン。

エリザベス女王と肩を並べているわけではないですが、
女王の顔の裏に印刷されているんですよ!すごいことです。

そんな高名な作家の有名な長編小説ということで、なんとなく敷居が高くて、
今まで映画やドラマを見たこともなければ、もちろん本を読んだこともなく、
登場人物の名前や、あらすじさえも知りませんでした。

非国民!

って、ワタシ、英国民じゃないけど。

有名な作品だし、何と言っても10ポンド札だし、エリザベス女王の裏だし、
ワタシは英国民ではないけれども、せめてあらすじくらいは
知っておかなければと、重い腰を上げて映画を観てみました。

2005年の、キーラ・ナイトリー主演のバージョンです。


こんなやつね。

これを見た感想。

こ、、、これは、、、

少女マンガや!!!

もちろん、名作長編小説を2時間におさめる為に、
ストーリーを大幅にはしょっていると思います。、

そして、この作品は、主人公の二人の恋愛を軸に
他の枝葉をはしょったバージョンなのかもしれません。

原作や、他のバージョンのドラマや映画を知っているわけではないので、
この作品だけを見て判断してはいけないのは分かっていますが。。。

それにしても、少女まんが!

こんな、少女マンガな作品が、世の中の知識人に教養の一つとして
読まれているのかと思うと、ちょっとオモシロイ。

ベルばらも頑張ったら、いいセンいくかしれないです。

よく考えたら、かの有名な「戦争と平和」とかも
どんなに重々しいストーリーかと思ったら、
いやもちろん、戦争に関する部分は重々しいですが、
あの長大な小説においては、登場人物の恋愛模様も
結構大きなウェイトを占めていると思うのですよ。個人的には。

お前ら、恋愛しかやること無いんか!

と、つっこみたくなるくらい。

まあ、戦争もしてるけど。

まあね、アリストクラットって生活の為に働かなくてもよいんだから、
やることなくて、恋愛とか結婚とかしか考えることないんでしょうね。

今も昔も。

本当に家柄が良い人達って、学歴なんか必要ないし。


閑話休題。

Pride and Prejudice 。

この映画ので特に興味深かったのは、登場人物の女性達が
妙齢の男性の魅力を語る際に、年収がまず始めにくるっていう所。

「あそこにいるのは、年収4,000ポンドのミスター・ビングリー。」
「その隣にいるのはミスター・ダーシー。彼の年収は、10,000ポンドよ!」

パーティで男性の品定めをしているうら若き女性達が、
こんな会話をしてるんですよ。

今も昔も、女性って、、、お金持ちに弱いのねえ。。。

ジェーン・オースティンにはがっかりされるかもしれませんが、
ワタシが、Pride and Prejudice で一番印象に残ったポイントはこれです。

これは、このバージョンを見たことによる感想かもしれません。

是非、原作を読むか、他のバージョンのドラマなり映画なりをみて
検証してみたいと思います。

Friday, 18 January 2019

本リスト

このブログは、私自身の読書備忘録なのですが、
ダラダラと記事をアップしている為
データとして整理されてないというか、
あまり備忘録としての役割を果たしていない事に気がつきました。

というわけで、今までにアップした記事と、
最近読んだのでこれから記録しようと思う本のリストを作ってみました。

昔は、こんな感じのリスト+感想をワープロとかエクセルを使って
記録していたのですが、データを紛失してやる気をなくしてしまって。。

なので、これは自分自身の為の記録なのですが、
なくさないようにブログの一部として公開しておきます。

↓↓↓ 本リストはこちらをクリック
本リスト

漁港の肉子ちゃん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「遅れる遅れる遅れる誰とも約束ないけどー。」

(漁港の肉子ちゃん 西加奈子著 より抜粋)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一時帰国で大人買いした本は、まだあります。

なんていったって、「大人買い」

スーツケースの半分本で埋まりましたからね。

先日読み終わったのは、西加奈子さんの
「漁港の肉子ちゃん」

「通天閣」を読んで以来、西加奈子さんに興味を持ったワタシ。

気に入った作家の作品を集中して読む傾向があるワタシは、
一時帰国の際に彼女の作品を数点買ってきたのです。

多数ある彼女の著書のうち、今回この作品を選んだのは、
アマゾンのレビューの星が多かったから。

ワタシは、ネットのレビューを気にする傾向があるのです。




~~~~~~ あらすじ(アマゾンjpより転載)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。
肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。
太っていて不細工で、明るい―
キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。
ちゃんとした大人なんて一人もいない。
それでもみんな生きている。
港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、
そっと勇気をくれる傑作。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、読んでみた感想は。。。

これは、、、面白い!

今までに読んだ西加奈子さんの本の中で、一番好きかもしれません。
アマゾンレビューの好評価もうなずけます。

なんと言っても、肉子ちゃんのキャラ勝ちです。
それと、この物語の主な語り手となっている、娘のキクりんの語り口調。

クールなキクりんがすてき。

このクールなキクりんの語り口調は、そのまま、作家西加奈子さんが、
世の中をとても冷静に観察していることを意味します。


どれくらい冷静に観察しているかとうと、冒頭の秀逸な一節、

「遅れる遅れる遅れる誰とも約束ないけどー。」

この一節が、トカゲから発せられるくらい、冷静です。

この一説を目にした時のワタシの感想。

やられた~!

いやあ、もう、コテンパンにやられてしまいました。

このように秀逸な、やられた~!という一節が、
この本の随所に登場します。

ぜひ、ご一読ください。

Friday, 11 January 2019

なたぎり三人女

セミリタイアして、以前より多くの時間を
読書に充てることができるようになったのを良い事に、
家にある、随分前に読んだ本など再読したりもしています。

その中の一冊がこれ。

群ようこさんの「なたぎり三人女」


なたぎり三人女 (幻冬舎文庫)

~~~ あらすじ(アマゾンjpより転載)~~~

ヒロコ・物書き41歳、ミユキ・ヘアメイクアップアーティスト44歳、マキコ・イラストレーター39歳。ある時は将来のために食堂経営を計画、ある時は体の衰えを気にしてダンベル体操、そしてある時は頑張る自分にブルガリの指輪をプレゼント…。迷いながらも人生を楽しむ、酸いも甘いもかみわけた大人の女三人の、ささやかだけど豊かな日常。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一応、小説(フィクション)なのですが、
おそらくこの小説は、群ようこさん本人とその友人が
モデルなのではないかと思われます。

中年の独身女性三人の、なんということもない日常を描いた小説なのですが、
色々と問題が起こるとはいえ、三人がとても仲良く、
なんともお気楽に生活しているのが羨ましくなります。

そして何よりも羨ましいのが、三人ともしっかりとした仕事をもち、
かなり収入もよさそうな感じなところ。

今はセミリタイアした、元しがないサラリーマンのワタシには
こんなにゆったりした生活は無理だなあ。

でもまあ、物質的には無理でも、せめて精神的には
この三人と同じくらい、ゆったりと生活したいものです。

さて、ふと気がついたのですが、中年の独身女性三人という構成は、
先日読んだ「かもめ食堂」と、とても似ていますね。

そして彼女達が、同じ女性から見て、
なんとも羨ましい日々を送っているという点も同じです。

群ようこさんの小説には、中年の独身女性がたくさん出てきますが、
皆、悲壮感がなく、人生を楽しんでいる女性ばかりです。

ワタシは彼女の小説を愛読しているのですが、

なぜなら、彼女の小説は、Feel Good Novelであるからです。


凶悪な人が出てくるわけではなく、
悲惨なことが起こるわけでもない。
心を揺さぶられるような悲しい出来事が起こるわけでもなければ、
読後に深く考えさせられて落ち込む事もない。

登場人物はすべてほどほどに良い人でユーモラスで、
時折出てくる悪役も、そんなに極悪なわけではない。

なんてことない日常が淡々と描かれていて、
読後にほのぼのとした気分になれる小説を
ワタシは Feel Good Novelと分類します。

そんな Feel Good Novel、ワタシにとっては
日本の作家の中では、群ようこさんが一番ですね。

ちなみに、英語の本では、Alexander MacCall Smith の
The No.1 Ladies' Detective Agencyシリーズが
ワタシにとっての Feel Good Novel です。

The No.1 Ladies' Detective Agency も、是非近いうちに再読せねば。