Saturday, 6 September 2014

アメリカ居すわり一人旅

またまた群ようこさん。

だって、お気に入りだから、仕方ないのです。

この本は、群さんの著書の中でも古いほうに入るのでは?

キンドル版が出たのは最近のようですが、私が読んだのは、ずいぶん前の話です。

私は、2001年から英国に移り住んだのですが、そんな私が、
この本については、紙の本を買って読んだ記憶がある。

この本は、私が海外に行って生活してみたいと思っていた時に、読んだ本の一冊です。

本書の中で、当時大学生の著者は、どうやらアルバイトでためたお金すべてを持って、渡米してしまったらしい。

その、思いっきりのよさというか、異国で物事が自分の思っていたように運ばなかった時に対する覚悟というか。

そういうものにとても感銘を受け、当時自分が海外留学を検討していたという事もあって、かなり真剣に読みました。

彼女がエッセイの中で書いていることは、かなりオモシロ珍事件の連続で、
普通にアメリカに語学留学しても、彼女のような興味深い経験ができるという補償はありません。

エッセイの中で彼女に起こったことは、彼女があの時点であの場所にいたからこそ
起こったわけで、彼女ではない誰かが留学しても、同じことがその人に起こるわけではないのです。


それがわかっていながらも、楽しむ読めるのが群ようこさんの本なのです。

--- アマゾンの紹介文---

「アメリカに行けば何かがある」と、夢と貯金のすべてを賭けて一人渡米した群さんの、愉快なアメリカ観察記。旺盛な好奇心と元気さにひきかえ、語学力と忍 耐力がほとんどないので、入国審査に始まり、宿泊、食事問題など、次々と日常トラブルが起きてしまう。が、特殊なアルバイトが見つかって、ありがたいお金 と友情を手にすることが出来たのであるが……。観光や買い物に走らずに、あるがままの生活をそのままアメリカで過ごしてきた、無印エッセイアメリカ編。 
---

そんな、アメリカ居すわり一人旅、キンドル化されたようですね!

うれしいです~


 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

2 comments:

  1. ある日突然外国で生きてゆこうとすると、並外れた特技や才能がない限り、多くの人は自分の無力を知ることになるでしょう。日本での学歴、キャリアなど何の役にも立たない。

    あなた、イギリス人と同じように話せますか? 運転免許証持ってますか? イギリス式の経理できますか? こちらではだれでも知っているような商品名を知ってますか? パーマネントで働けるビザを持ってますか? あなた、何が出来ますか?

    と、こんな感じでしょう。 次女がロンドンで一人暮らししてますが(結婚よりロンドン生活を選んだようです)、彼女の struggle が目に浮かぶようです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. F Hiroshi さん、コメントありがとうございます。
      お嬢さんがロンドンで一人暮らしされているのですね。大変だと思います。
      私自身は、ロンドンで一人で暮らしたのは学生時代の2年程なのですが、最大の敵は孤独でした。他の部分は、確かにstruggleはしましたが、それなりに適応してきました。
      初めは、日本にいたら簡単にできる事がなかなかスムーズに進まなくてイライラしたり、就職活動で言葉のハンディを感じて落ち込んだりしながらも、だんだん少しずつできることが増えてきて、就職活動も、努力と妥協により、なんとか仕事がみつかって。少しずつ適応してきたら、ロンドンの方が居心地が良くなってしまった感じです。

      Delete