Monday, 23 June 2014

霧のむこうのふしぎな町

昔々、私がまだ小学生だった時に読んだ本です。

当時から私は本の虫でした。

当時の私は、登下校の歩く時間さえももったいなかったらしく、
歩きながら本を読んでは、母親に叱られたものです。

どうやら、本を読みながら歩いて電信柱にぶつかった事があるらしい。
自分では、あまり覚えていないのですが。


そんなこんなで、小学校の図書室にある自分が読みたい本はすべて読んでしまい、
地域の図書館に通い始めました。

地域の図書館は、児童図書館と成人図書館にわかれています。
児童図書館でも、当時の小学校の図書室に比べると、本の数は桁違い!
おまけに、成人図書館に行けば、色々と難しい本が山ほどあります。

いやあ、嬉しかったですねえ。
これらの本が、いつでも読みたいときに読めると思うと、興奮したものです。
(こんな事で興奮する子供って、嫌だなあ)

さて、そんな私も、子供の頃は真っ当にに子供向けの本を読んでおりました。

その中でも一番印象深いのが、「霧のむこうのふしぎな町」です。

名作ですので、昔に読んだ事がある人の方が多いくらいだと思いますので、
内容云々については省略いたします。

今でも忘れられないのが、子供の私が始めてこの本を読んだ時に感じたワクワク感。
この、ワクワク感をもう一度味わいたくて、次から次へと、本へ手を伸ばすようになったのです。

この本が、私を本好きにしたのかなあ。
それとも、ただ単に私は生まれついての活字中毒なのかなあ。

本当のところは、誰にも分かりませんが、とにかく、この本は私にとって
とても大切な1冊です。





にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment