Sunday, 27 July 2014

The Little Prince

読み通した洋書2冊目。

失恋した時に読んだ本です。

昔々、日本語で読んだ事があって、
その時はそんなにピンとこなかったのですが、

失恋した時に + 英語で読んだ

というダブル効果のせいか、洋書で読んだ時には
とても印象に残りました。

なぜか、これを読んだ時、英文がスーッと理解できたんです。
英語訳がよかったのか、当時の私の英語力がちょっと上昇時期にあったので、
そのおかげなのか。

そのあたり、本当の所は分かりませんが、
一ついえるのは、あまりにも詩的な本なので、
日本語訳だと少々難解な部分もあり。
英語で、そのまま理解すると、合点がいくと言いますか。

試してガッテン!てな感じですね。

もちろん、私は日本語訳の本はとても美しく訳されていると思います。
キツネのくだり等、日本語版が大好きです。

あの、もう殆ど名言集のような本を翻訳する場合、あの禅問答のような
ちょっと難解な日本語訳にするしか仕方がなかったのかな、と思います。
結果、私個人の意見としては、原文の良さが残っていると思います。

でも、英語訳を読んだ時に、内容が心にスーっと入ってきたというのも本当です。

やっぱり、失恋していたからでしょうか?





にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment